ぴったりWECK 《砂糖・塩》編(2)

WECKは種類が多くてどれを選べばいいかわからない…そんなあなたのために、我々WECK LABO が調査研究結果をお届けする『ぴったりWECK』。砂糖・塩の後編をお届けします。

>ぴったりWECK 《砂糖・塩》編(1)へ

後編はこの2つ。きび砂糖と粗塩。こちらもスーパーで一般的に売られているものを用意しました。
ちょっとマイナーなきび砂糖は、ミネラル分やうまみ成分を上白糖より多く含み、三温糖よりも優しい甘さのお砂糖です。袋のサイズは他の砂糖と変わらなく見えますが1袋 750gと少なめ。Mold 500ml2つに入りました。

ということは、Tulip 1000mlにも収まります。

2個使いなら余裕を持ってTulip 1000mlTulip 370mlはもちろん、きび砂糖ならMold 750mlとTulip 370mlでぴったりです。

最後は塩です。1kgの粗塩がMold 500ml2つとMold 250mlに入りました。
グラニュー糖と同じくらいの体積なんですね。

余裕のあるTulip 1000mlTulip 370mlが使いやすそうです。

ところで、実験中いろいろなWECK に砂糖や塩を入れ替えていて、我々はある点に注目しました!
Moldシェイプだと砂糖や塩が最後に底に残ることがあるのですが、Tulipシェイプだと底が丸いため最後までスプーンですくいやすい!毎日使うものなのでちょっとした使い心地も大事ですよね。

さて、いろいろな型で実験を重ねてきましたが、今回のWECK LABOのぴったりは

「キッチンの砂糖・塩入れにはTulip 370mlがぴったり!」

もちろんキッチンスペースの広さや雰囲気次第では、500mlやMoldシェイプもぴったりですよ。

おまけ: Mold25mlにいろいろな香り塩を入れるのもおすすめ。天ぷらはもちろん、フライドポテトでも楽しめますよ!

今後もWECK LABO がWECK の疑問を調査研究してまいります!
次回もお楽しみに。