ぴったりWECK 《砂糖・塩》編(1)

WECKは種類が多くてどれを選べばいいかわからない…そんなあなたのために、我々WECK LABOが調査研究結果をお届けする『ぴったりWECK』。初回はどのご家庭でも必須の砂糖と塩です。一体どのWECK がぴったりなのか…!?

まずは砂糖。一般的なスーパーではだいたい1kgの袋入りで売られています。と、ここで最初から疑問にぶつかることに。1kgっていったい何ml?? 水だったら1000mlだけど、砂糖や塩も同じなのか?? さっそく調べてみたところ、一口に砂糖と言っても種類によって違うそうなのです。ならばそれぞれで実験! ということでご家庭でもよく使われるこちらの三種類、左から、グラニュー糖・三温糖・上白糖各1kgを用意しました。

普段は一気には使わないので、使いやすい大きさの容器に詰め替えることが多いと思いますが、問題はその残り。
袋の口を閉めて…というこの状態が、収納にも見た目にもいまいちすっきりしない。

このモヤモヤを解消すべく、残った方もWECKに入れてすっきりさせてしまいましょう!

では、さっそく上白糖から実験開始!
調味料入れとして使われることも多いWECKですが、中でもMold 500mlTulip 500mlの使用率が高い模様(WECK LABO周辺調べ)。ということでまずはMold 500mlに入れてみます。4つに収まりました。

ちょっとギュッと押し込めばTulip 1500mlに全部入りました。(一気に入れると溢れるのでご注意を!)

Tulip 1500mlとTulip 370mlで保存用と使う用、という使い方がちょうどよさそう。この使い方なら1500ml が空っぽになって、まだ370ml には残っている状態で新しい袋を開けても1500ml に全て入りますね。

Tulip 1000mlTulip 500mlだとギリギリ。厚みのあるガラス蓋や木蓋だと閉まらないかも?

さて、お次は三温糖で試してみます。
こちらもMold 500ml4つに入りました。上白糖よりも少しゆとりがあるようです。

少しギュッと押し込むと3つに収まりました。

上白糖とは違い、Tulip 1500mlにもぴったり収まります。

こちらもTulip 1500mlとTulip 370mlを併せて使ったり、

またはTulip 1000ml500mlでもぴったり収まります。

続いてグラニュー糖です。
Mold 500ml2つとMold 250mlにぴったり全部入ってしまいました。
同じ1kg のお砂糖でも種類によって体積は結構違うんですね。

Tulip 1000mlTulip 200mlで保存用と使う用にするとぴったり。
かわいらしいTulip 200mlは卓上シュガーポットとしてもちょうどよい大きさです。

ちなみにTulip 200mlなら7個に入りました。
カフェなどお店での使用にもぴったりですね。

ということで、砂糖三種類のぴったりを探してみました。
次回は「きび砂糖」と「粗塩」のぴったりを調査します!