梅仕事2019

今年もこの時季がやってきました。梅雨を前にすると夏に向けて、食品を長期間保存したり夏を乗り切るためのものを仕込みたい。果物をジャムにするのはもちろんだけど、ピクルスを作ったり、新生姜やらっきょうや山椒も!WECK、本領発揮の季節です。
そしてもちろん、梅。自宅で梅酒を作る方、増えてきましたね。我が家は梅干しと梅シロップを毎年漬けて夏バテ対策は万全。なのですが、梅酒は飲みきれないのが悩み。今年は少ない量で、しかも味に変化をつけてみたい!

アルコールが入りエキスが出ること、梅と砂糖の入れやすさを考えて、WECKはDeco Shape 500mlTurip 500mlを用意しました。梅は1kg単位で販売されているし、4種類くらいは作ることができそう。

梅酒は基本、氷砂糖とホワイトリカーを使って作るのが一般的。基本のレシピ・作り方をもう一度おさらい!

WECKで梅酒 へ

1. 梅を洗い、丁寧に水分を拭き取ります。
2. 竹串でヘタを取り除きます。
3. WECKに梅と砂糖を交互に入れます。
4. アルコールを注ぎ入れます。
5. 蓋をして冷暗所で保存、6ヶ月~1年くらいで飲めます。

基本のレシピももちろんとてもおいしいのですが、砂糖やアルコールの種類を変えれば、もっといろんな味を楽しめそう。

アレンジ梅酒の作り方は、基本の作り方とまったく同じ。さっそく作ってみましょう!

砂糖とアルコールの種類をお好みで選んだら、分量の目安は全て
梅150g + 砂糖80g + アルコール300ml です

——–



氷砂糖+甲類焼酎 梅 150g+氷砂糖 80g+甲類焼酎 300ml

黒糖+泡盛 梅 150g+黒糖 80g+泡盛 300ml

はちみつ+日本酒 梅 150g+はちみつ 80g+日本酒 300ml

グラニュー糖+ラム 梅 150g+グラニュー糖 80g+ラム 300ml


※ 酒税法に基づき、果実酒を作る場合はアルコール度数20%以上のアルコールを使用してください。

今年は梅シロップもスパイス入りでアレンジ!

梅シロップも、スパイスを入れると少しオトナな感じで楽しめます。turip 1000mlで作ります。

材料● 青梅 … 350g / きび糖 … 350g
カルダモン・クローブ(粒)… 3~4粒 / シナモンスティック … 1本
竹串を2~3本用意しておきましょう

1~3は梅酒の作り方と同じ
4. 2~3日漬けて砂糖が溶け、シロップ部分がWECKの1/3くらいまでになったらスパイスを入れます。
5. 1日1回振り混ぜ、砂糖が完全に溶け切ったら梅とスパイスを取り除いて、出来上がり。

シリコン蓋をして冷蔵庫に入れれば、3~4ヶ月は保存可能。 ゴムパッキンとステンレスクリップで蓋をして煮沸密閉をすれば、1年以上保存できますよ。

水や炭酸水で割って、いただきます!

基本の梅シロップを使って、WECKでゼリーを作ってみました。
ドリンクとしてはもちろん、夏のデザートにもおすすめ。
梅酒も梅シロップも、料理にも調味料として使えたりもします。

材料● 梅シロップ … 200ml / ゼラチン … 10g / 水 … 400ml
Mold 140ml 5個分出来上がります。

1. 鍋に半分の量(200ml)の水とゼラチンを入れ、火にかけて溶かします。
2. ゼラチンが溶けたら、残りの水と梅シロップを加えて混ぜ、WECKに注ぎ入れます。
3. 冷蔵庫で冷やし固めたら、出来上がり。

今年もWECKで梅仕事、楽しみましょう!