WECKで梅酒

ゴールデンウィークもすぎ、今年もそろそろこの季節!
頻繁に飲むわけでもないのに、店頭で青梅が並び始めるとやっぱり作りたくなる梅酒。
梅酒づくりは梅仕事の最初の仕事でもあります。梅仕事とは、その年に収穫した梅を使って梅酒を作ったり、梅干しを作ったりすること。なんとも素敵な響きの言葉ですね。その一方、「仕事」というとなんだかちょっとめんどくさそう…と思われる方もいるかもしれませんが、実は梅酒の仕込みはとっても簡単。

さっそく作ってみましょう!

青梅は1kg単位で売られていることが多いので、それに合わせた分量で作ります。WECKで作る場合はTulip Shape 2700ml1000mlの2個使いがぴったり。

梅酒の作り方

材料 ● 青梅 … 1kg / 氷砂糖 … 500~800g / ホワイトリカー … 1.8L
竹串を2~3本用意しておきましょう

1.WECKキャニスターの消毒

小さなWECKは丸ごと鍋に入れて煮沸消毒しますが、大きなWECKは鍋に入らないので、熱湯を注ぎ入れて消毒します。 熱湯を少し注いだキャニスターを傾けて回します。全体に熱湯がいきわたるように。

Caution!

冷たいキャニスターに熱湯を入れると急激な温度差で割れてしまうので、ぬるま湯で少し温めてから熱湯を注ぎましょう。ヤケドにも気をつけて!

消毒のお湯を捨てたら清潔な布きんでしっかり水気を拭き取り、口を下にして置いて完全に乾かします。

2. 青梅を洗う

大き目のボウルに青梅を入れて水を張り、やさしく洗います。キズがあるものはこの時に取り除いておきましょう。

3. 梅の水気を拭き取る

ザルなどにあけて水を切り、清潔な布きんやキッチンタオルで水気を拭き取っていきます。一つずつ丁寧に。

4. ヘタを取る

竹串を使って、青梅のヘタを一つずつ取っていきます。ヘタと実の間に竹串を入れて持ち上げるようにするとポロっと取れます。

5. WECKに梅と氷砂糖を入れる

ヘタを取った梅の1/3から半量をキャニスターの底面に敷くように入れ、その上から氷砂糖と梅を交互に重ねて入れていきます。梅が傷つかないようにやさしく入れましょう。

6. ホワイトリカーを入れる

5のWECKにホワイトリカーを注ぎ入れます。

7. フタをして冷暗所に置く

しっかりとフタをして冷暗所に置き漬け込みます。WECKにはいろんなタイプの蓋がありますが、長期保存するのでゴムパッキンとクリップでガラス蓋をしっかりと留める方法が最適です。仕込みはこれで完了。6か月から1年後くらいから飲めるようになります。

お酒が苦手な方やお子さんには梅シロップを。梅酒と違い、仕込んでから10日ほどで飲めるようになるので早く楽しみたい方にもおすすめです。水や炭酸で薄めて梅ジュースに、そのままかき氷のシロップに。寒い季節にはお湯割にしても。

こちらはお手軽な冷凍梅を使ったレシピをご紹介します。梅1kgでWECK Straight 1550ml 2個で漬け込むのがぴったりです。

梅シロップの作り方

材料 ● 冷凍梅(今回は完熟南高梅を使用) … 1kg / 氷砂糖 … 800g~1kg
竹串を2~3本用意しておきましょう

1~5は梅酒の作り方と同じ

Caution!

冷凍梅は解凍するととてもやわらかくなるので、傷つけないように注意して扱いましょう。

6. フタをして冷暗所に置く

しっかりとフタをして冷暗所に置き漬け込みます。砂糖が底にたまりやすいので、できれば毎日ゆすって全体が混ざるようにします。7~10日ほどでできあがり。

7. 梅の実を取り出し、シロップを移しかえて密閉する

このままだと傷みやすいので別の容器に移し替えて密閉します。梅の実を取り出し(※取り出した梅の実は使いません)、熱湯消毒したキャニスターにシロップを移します。WECKならStraight 1000ml600mlでぴったり。冷蔵庫のドアポケットにも入ります。ほかにJuice jar 1000ml 2本もおすすめです。

すぐに飲み切る場合はこのまま冷蔵庫に入れればOKです。

8. 煮沸して殺菌・密閉する

長期保存する場合は加熱して殺菌・密閉します。できるだけ深い鍋を用意し、底にふきんを敷きます。そこにパッキンをしてクリップで蓋を留めたWECKを入れ、ぬるま湯を注ぎます。上の方は鍋から出ていてもOK。鍋を火にかけ、お湯が沸騰したらボコボコしない程度の火加減で20分ほど煮沸します。

鍋から取り出し、常温になるまでそのまま冷まします。

Caution!

鍋から取り出したWECKはふきんの上などに置きましょう。冷たいところに置くと急激な温度差で割れてしまうことがあります。

完全に冷めたらクリップを外します。蓋を軽く持ち上げてみて外れなければ密閉成功。開いてしまったら、もう一度8の手順で少し時間を長めに煮沸してみてください。密閉できたら常温で保存(目安として1年)できます。

今年はWECKで梅仕事、楽しみましょう!