やってみよう!WECKで簡単瓶詰め(1)

「WECKは煮沸密閉して長期保存ができる保存瓶」ってことは知ってはいるけれど…。
やっぱりなんだか難しそう…。いえいえ、本当に簡単なんですよ!

今回から3回にわたり、WECK LABOが瓶詰めのしかたを改めて詳しくご説明します。
いつもやってるよ! という方も、注意点やコツもご紹介しているので、ぜひもう一度おさらいしてみてくださいね!

まずは道具をそろえましょう。鍋、ふきん、トング、そしてWECKキャニスター、ステンレスクリップ、ゴムパッキン。これだけあれば瓶詰めができます。

さらに、キッチンペーパー、じょうご、グラスリフター、ワイヤーラック、温度計、レードル。こういったものもあると便利です。

まずは瓶の殺菌から。ぬるま湯を張った鍋ににキャニスター本体と蓋を入れて火にかけます。

沸騰したらゴムパッキンも入れましょう。ゴムパッキンは沸騰してから2~3分、瓶は5分ほど煮沸します。

煮沸殺菌が完了したら、トングでキャニスターとパッキンを取り出して布きんの上で乾かします。

瓶の粗熱が取れて乾いたら、食品が温かいうちにWECKに入れていきます。瓶の口に付かないように8分目まで。

蓋にパッキンをとりつけます。

パッキンをつけた蓋をキャニスターにセットして、、、

クリップを蓋の上面のヘリに引っ掛けて、そこを押さえながら横に軽く引いて留めます。

対角線上に反対側も同様に留めます。

次回はいよいよ煮沸の工程です!

瓶詰めの秘密や基本情報はこちらでも

>瓶詰めの基本